「——と意外とこんな所だ。何か問いはありますか?無ければ批評会は以上になります」
 M・Tが高らかにメソッドを挙げた。
「主流ここに来る人は、並みにどれぐらいの時で出ていらっしゃるんですか?」
「そうですね。個人差はありますが、特別な風土でもない限りは主流通年以内には世間引き返します。一月以内に出向くヒトも居れば通年限り生活しているティーンズもいらっしゃる。平均すると、主流半年ですね」
 わたしは「特別な風土」というのが気になった。不規則も存在するということだろうか。
「他に問いは——」
 今度はS・Kがメソッドを挙げた。
「あのー、監視の批評で1つ気になったんすけど、どうして色恋差し止めなんすか?」
 タバコのパターンと言い、続けざまの問いだった。S・Kの「何で」が止まらない。
「まだまだ、K……」
 シチュエーションによって横の母体が申し訳なさそうにKを諭す。しかし、私達もS・Kと同等、イマイチ腑に落ちない監視のひとつではあった。
「これ、私も気になりました」
多くの両親が無目標を装うインサイド、N・Tの母体が果敢にもS・Kに世話していた。http://www.bikker.co/