熱戦を繰り広げたWBCでラッキーボーイとなったのが、ジャイアンツの正捕手小林選手。楽天嶋選手の直前でのケガによる離脱により、侍ジャパンの正捕手として活躍しました。リード面では中日岡田投手の絶体絶命のピンチを絶妙な間の取り方で救ったり、打つ方でも連日のようにヒットを飛ばし、シーズン中あまり見ることのできないホームランまで飛び出すなど、小林は覚醒したかもと思わせましたが、シーズンが始まってみると、昨シーズン規定打席達成者の中で最下位だった打率そのままの貧打にあえいでいます。リード面では成長の跡がうかがえるのか、チームとしては成績も比較的好調で、投手陣をうまくリードしているとは思いますが、もう少し打率は何とかならないかと頭の痛いところです。先日の首位攻防広島戦ではバントの失敗などもあり、打撃面での貢献は今年も期待薄なのかもしれません。WBCで活躍した筒香選手や松田選手なども不調で悩んではいますが、小林選手もWBCの反動がきているのかもしれません。WBCで持っている運を使い果たしたと言われないよう、リード面は今以上に、打撃面ももう少し頑張ってもらいたいなぁと思います。カードローン 審査 パート